Home国内ニュース >眞子様の進路は?人間性を活かして公務で活躍がベターなのか?
2014年03月27日

眞子様の進路は?人間性を活かして公務で活躍がベターなのか?

秋篠宮家の長女眞子様が国際基督教大学を卒業と聞いて呆けてしまいました。断片的に成長の過程をメディアを通じて拝見してきたわけですが、もう22歳になってしまったんですね。

卒業後の進路は、就職はせず皇族の一員として公的な活動をしていく予定だとか。大学では美術の分野を中心に学んだこともあり、今年9月から岐阜県で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁に就任する事がさっそく決まっています。


皇室のイメージアップであり、フェスティバルの目玉なのかな?

何だか今後大変そうですが、メディアにはどんどん露出して欲しいです。

若き内親王という立場である眞子さまですが、2012年9月から5月末までの10ヶ月間、英国・エディンバラ大に留学しています。

その後、回顧録的なアンケートに回答していますが、その内容から個性的でなかなか面白い人柄が伝わってきます。

留学での寮生活を振り返り、、、

「派手で裕福な新入生が多く、クラブやパーティーなどで盛り上がる感じには馴染めなかった、、、ゆっくりお茶しながらお喋りをする方が好き」_という趣旨の回答をしています。

エディンバラ大では、しっかりと学芸員の資格を取得されたようですが留学中に人生初の"単位を落とす"_という苦い経験もしています

これについては、、、

「特定の授業に割く比率が割くべき比重より低くなり単位を落としてしまった」_という趣旨の回答をしています。

なんて遠回しな物言いなんだ;;

眞子様は留学経験を、以下の様な言葉で締めくくっています。


私のポリシーは「良い事も悲しい事も貴重な経験になると信じる」だった。それを実際に信じていたからこそ楽しんで(留学)生活ができた。頑張り過ぎないこと、時には失敗したっていいやと思いながら過ごすことが大切だと思う


どうでしょうか?皇族であっても私達と同じ人間であり、ささやかな信念を抱きながら同じ時代を生きているわけです。

「頑張り過ぎないこと、時には失敗したっていいや」_という言葉の中に、留学中に多少なりともめげるような経験もされたんだろうな〜と推測出来ます。

それはそうと、皇族の方は大学卒業後に営利企業には就職してはならない決まりがあるようです。(特殊法人、研究機関のような所に限られるようです、、、?)

あと民間に嫁ぐ際に、1億円以上の一時金が支給されるとか、、、色々。

取り敢えず平和な日本ですから、のほほんと頑張って行って欲しいです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。