Home国内ニュース >小保方晴子氏のSTAP細胞作製を200回成功させたレシピとは?
2014年04月09日

小保方晴子氏のSTAP細胞作製を200回成功させたレシピとは?

9日午後1時くらいから、ミヤネ屋で小保方晴子さんの記者会見がライブ中継されました。

小保方さんが悪人じゃないのは、よく伝わってくる会見でした。しかしながら「STAP細胞」の具体的な証拠を示すことはありませんでしたね。

小保方さんは、自分以外にもSTAP細胞の作製成功した人はいるとしながらも名前までは言いませんでした_。 なんでもSTAP細胞の作製にはレシピとも言える"コツ"があるそうで今後新たな論文として発表するそうです。

世間一般の目からすれば、これまで200回以上もの作製成功という実績があるならば過去の疑惑を一掃するためにも、まず実証して見せるのが先決なのでは?

200回という実証回数と、小保方さんのSTAP細胞の研究期間を照らしあわせてみた時、あえて次回の論文発表を待つというのは不自然です。

一年取り組んで、2.3回しか成功しなかったというなら話はわかります!

今回の会見では、捏造や改ざんについてはしっかり否定しました。まあ、研究者としての良心をアピールしたわけです。

自分の未熟さの理由に、様々な研究機関を渡り歩く過程で自己流の研究スタイルが身についてしまったという事も仰っていました。

これもまた不思議な発言です。

これを料理人に置き換えて考えてみれば、小保方さんの発言がただの言い訳に過ぎないことが解るのです。

さまざまな板場(調理場)を経験した料理人は、正しい箸の持ち方を覚えるように悪い癖を矯正されながら一人前になっていきます。

正しい食材の扱い、調理方法などは基本どこの調理場でも同じです。ようするにダメなものはダメ_っていう部分の話なのです。

スキルが上がる事はあっても、良識が損なわれるという事にはならないわけです。むしろ本当に正しい方法論を見極める眼力が養われるほどなのです。

そしてどうしても気になる事。

STAP細胞発見当初から、彼女のアピールポイントのように報道されてきた割烹着姿です。おばあちゃんから受け継いだものだと言います。

今冷静に見ると、メディアに取り上げられるタイミングに合わせて着せられた感が半端ないです;;

おばあちゃんから受け継いだ奴だけで、毎日の研究に間に合うのでしょうか?最低7着は欲しい所です。

会見では割烹着についての質問は、本日の会見の趣旨と異なるとしてほぼ却下状態でしたw

小保方さんは、こんな所(割烹着姿)を取り上げられるとは思っていなかったので、「怖い」と思ったそうです^^;(真っ先に注目されるべき箇所でしょ〜違うかな?)

普通の研究者は当然白衣を着用します。その理由は、汚れ防止や、衛生上の汚染防止などでしょう。それと白という色に信頼感や安心感を与える効果があるとも言われます。

まあ割烹着が即座に相応しくないとは言いません。

「信頼感・安心感」_この部分については割烹着も引けはとらないでしょう。いやむしろ日本古来のお母さんの定番コスチュームであることを考えれば身に付けた者の魅力を大きくする可能性もありそうです。

理化学研究所がこのようなイメージ戦略も含め、小保方晴子さんを神輿に上げたとは考えたくないのですが、、、。

本当に言いたかったことは、言えなかったのかも?

よくよく考えてみると、誰のための会見だったのか?この会見でもっとも擁護された存在は誰だったか考えて見るべきかもしれませんね。

「STAP細胞」が真実であれば、小保方さんは最終的には救われます。理化学研究所に対する世間の反応は違ったものになるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。