Home国内ニュース >今年のゴールデンウィークの傾向ベースアップの恩恵ある人ない人
2014年04月24日

今年のゴールデンウィークの傾向ベースアップの恩恵ある人ない人

ゴールデンウィーク 国内旅行派増加傾向.jpg
今年のゴールデンウィークの過ごし方の傾向というリサーチでは、「高・近・短」がキーワードなんだそうです。これは近場のスポットで期間は短く、でもいつもよりちょっと贅沢に過ごすというプランの事。

春闘で企業のベースアップ(ベア)が頻発したこともあり、即座に景気に反映する部分もあるということでしょうか?

余暇への投資を奮発できる方たちが本当に羨ましいです。

私は無理ですね〜。ここ数年は飲食業にどっぷり浸かっていますから世間一般のイベントにまともに参加出来た試しはないです。GWの旅行なんて10年近くしてませんw

現状消費税増税などもあり、たとえ所得改善の恩恵があったとしても気安く大きな出費はしたくない心境ですね_。先ほどの「高・近・短」のGWの楽しみ方があてはまる層も確かにいるでしょう。でも別のリサーチ、例えばネット限定などでは「安・近・短」と答えている人も多いんだとか。

近場でさっくとお金をかけずに楽しむっていう。

私もこっちの部類に入るでしょう。地元に新しく出来たお店に食事に行ってみるとかですね。ちょっと奮発しておいしいワインでも楽しめればOKです!

いかに贅沢をするか、というより思い出に残るような価値のある時間の過ごし方をしたいとは常日頃から考えています。

観光業界もこのチャンスを逃してなるものかと、「贅沢プラン」を設定して国内旅行需要の取り込みにかかっているそうです。こういう所にモロにハマっちゃうのもなんかシャクですがw

今年は長期間の旅行が難しい飛び石連休という事情もあるのでしょうか?滞在日数少なめな分を、宿泊費用にまわしてプチ贅沢を楽しむ派が増えているそうです。

国内旅行人気では、北海道、沖縄、千葉が上位を占めています。千葉では東京ディズニーリゾートが票を稼いでいるみたいです。個人的には沖縄はまだ一度も行ったことがないので、2.3年以内には家族で行ってみたいですね。

旅行の一番の目的はグルメってことになるんでしょうけど、私は目的地に着くまでの移動時間も大好きですね〜。日常からどんどん離脱していく開放感がたまらないわけです。

お金があっても時間を贅沢に使えない人も今は多いでしょうから、旅行といっても重視するものは人それぞれって事で。

ただ世間の多くの人、まあだいたい4割位の人は今年のゴールデンウィークを近場で済ませようと考えているみたいです。

GWを楽しむ人を迎える側にまわる人だって必要ですし(私みたいな;;)。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。