Home気象・災害・事件事故 >快速ムーンライトながら号チケットでダフ屋行為の男逮捕!?
2014年04月24日

快速ムーンライトながら号チケットでダフ屋行為の男逮捕!?

快速ムーンライトながら号でダフ屋行為
快速ムーンライトながら号のチケットを転売目的で購入していた男が都迷惑防止条例違反(常習ダフ屋行為)容疑で逮捕されたそうです;;

「えきねっと会員」という仕組みを利用して、1枚510円で購入したチケットを、1500円程で転売していたそうです。この行為は5年間におよび、総額230万円を荒稼ぎしていた。

副業としてはなかなか良いものだったんでしょうね。ネットオークションなどでは色んなチケット(野球、映画、フィギュア、コンサート)が転売されていますが、あっちはどうなんでしょうか?

チケットの予約や、「えきねっと会員」などの活用が面倒な人もいますからね。1500円くらいなら、まあいいかと納得して購入していた鉄道ファン(一般利用客)がそれだけいたということになります。

ただダフ屋行為で一番厄介なのが、高値チケットの売れ残りを払い戻すという行為でしょう。JRにとって故意に空席を作られことになり、営業妨害になりますね。

夜行快速列車の代名詞

快速ムーンライトながら号は、 東京駅から名古屋駅を経由してで岐阜県の大垣駅を東海道線経由で結ぶ夜行の快速列車です。

首都圏〜名古屋の移動にかぎらず、首都圏〜大垣〜京阪神さらにもっと先という利便性が人気なのだとか。ただ青春18きっぷのシーズンを中心に運転されるようなので、指定席の予約は早めにした方がいいみたいです。

青春18きっぷとムーンライトながら号の組み合わせは、格安で旅行する場合にお得なのかもしれません。でも青春18きっぷって、もともとガラガラの列車にのんびり旅したい高齢者や言い方悪いですが、貧乏旅行者をのせて稼ごうって狙いのチケットだったはず。

通勤通学の利用者がいない時間帯、ただ空気を運んでるよりはマシだろうという事です。なので黙ってても乗客が集まる夜行快速列車などに18きっぷでガンガン乗られると本末転倒ッて感じにならないでしょうか?

鉄道は乗せる人数に関係なく、それにかかる固定費はあまり変わらないので、ダフ行為のしわ寄せが死活問題であることは間違いないでしょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。