Home女子サッカー >アジアカップオーストラリア戦 猶本光代表初ゴールなるか!?
2014年05月14日

アジアカップオーストラリア戦 猶本光代表初ゴールなるか!?

猶本光 年齢 20!.jpg
8日の国際親善試合ニュージーランド戦に勝利した、なでしこジャパン。その勢いを本日14日のAFC女子アジアカップ オーストラリア戦でも発揮できるのか?

この試合に勝利出来れば、W杯出場権はほぼ手中に収めた事となります。

ベトナム入りしたなでしこジャパン、午前中にホーチミン市内のグラウンドで最終調整を行ったようですね!

※ワイプに映っている夏目三久さんいいっすね!

現地の気温40℃、、、これは給水のタイミングなども試合を有利に進めるポイントになりそうですね。そろそろ澤選手のゴールも見たい所です。

気候面でハードなコンディションになれば、百戦錬磨の彼女のセンスが活きるような気がします。広い視野でゲームを見渡せる数少ない存在であることに、今も変わりはないはず_。

期待の新星、猶本光選手。ニュージーランド戦では後半に川澄奈穂美選手と交代で試合に出ました。実質5分程度のプレー時間だったでしょうか?

それでも、プレッシャーのかかるゴール前で、潰されずにシュートまで持って行きました。密集した狭いエリアでボールをコントロール出来たのは素晴らしかった。

彼女は可愛くて線の細いイメージがあります。川澄選手のように腰の重いプレーが出来るようになれば、さらにセンスが爆発する予感です!

最近なでしこジャパンの人気が下り坂である_そんなニュースを目にしました。

親善試合だったとはいえ、ニュージーランド戦は見応えのあるいい試合でした。そなのに観客動員は7000人に達しなかったとか。たしかに2万人収容の大阪・キンチョウスタジアムには空席が目立っていました;;

2011年W杯優勝で、女子サッカーも完全に波に乗ったと思っていたのですが。人気低下の原因としてスタメンのマンネリ化、若い新戦力が台頭してこないなどがあるようです。

Jリーグやプロ野球のように、固定ファンが土台作ってくれるまでには、まだ時間がかかるのかもしれない。

猶本光選手や今回海外組で招集されていない岩渕真奈選手など、今後どこまで伸びてくるか楽しみですけどね。いい意味で黎明期っていう気がしなくもありません^^

まあそれだけ主力選手が衰え知らずって事で、頼もしい限りです。


なでしこジャパン監督:佐々木則夫
オーストラリア女子代表監督:アレン・スタイチッチ

GK
福元美穂(岡山湯郷)
海堀あゆみ(INAC神戸)
山根恵里奈(ジェフ千葉)

DF
上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟)
岩清水梓(ベレーザ)
有吉佐織(ベレーザ)
宇津木瑠美(モンペリエ)
小原由梨愛(アルビレックス新潟)

高畑志帆(浦和レッズ)
乗松瑠華(浦和レッズ)

MF
澤穂希(INAC神戸)
宮間あや(岡山湯郷)
川澄奈穂美(シアトル・レイン)
阪口夢穂(ベレーザ)
川村優理(ベガルタ仙台)
木龍七瀬(スカイブルー)
中島依美(INAC神戸)

猶本光(浦和レッズ)
杉田亜未(伊賀FCくノ一)

FW
丸山桂里奈(大阪高槻)
大儀見優季(チェルシー)
菅澤優衣香(ジェフ千葉)
高瀬愛実(INAC神戸)
吉良知夏(浦和レッズ)
後藤三知(浦和レッズ)

解説
松木安太郎、大竹七未

実況
進藤潤耶(テレビ朝日アナウンサー)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。