Home女子サッカー >なでしこジャパン 大儀見優季が別格すぎてが、、、感想
2014年05月15日

なでしこジャパン 大儀見優季が別格すぎてが、、、感想

ゴールして川澄と喜ぶ大儀見.jpg
アジアカップ オーストラリア戦。解説に入っていた松木安太郎は盛んに澤穂希選手の投入を呼びかけていました。私も大儀見優季選手が出るまでは同じ気持ちでした。

たった一人選手が変わるだけでここまでチームが機能しだすサッカーの面白さがありました。大儀見選手が加わったとたん、パスが繋がる繋がるwスタメンで澤選手と大儀見選手を使っていたらもっと楽に戦えた気はします。

大儀見選手が入る前は、個々の役割分担に専念できずに全員が同じような仕事を泥臭くやっていた感じ_。しかし攻撃力あるユーティリティープレイヤーが加入することで、オーストラリアも守備的になった。

足元から足元へのパスが、能動的なスペースをえぐるようなパスに変化していく過程は見ていて痛快でした。

大儀見選手は所属クラブ(チェルシー)の試合の都合で、1次リーグは残り2試合しか出場できないそうです。このグループであれば、彼女を起用する試合は全て勝ちたかったのが本音でしょう。

この辺の事情も考えると、大儀見選手抜きの勝ち方も検証する必要があったので強豪オーストラリア戦ではあえてスタメン起用しなかったのかもしれませんね。

2点ビハインドでは負けを覚悟しながら観戦していましたが、本当に底力も運もあるチームです。終わってみれば、勝てる試合だったとまで思えるほどでした。

前半宮間選手かなりイラだってましたね。 でも果敢にミドルシュートを打ってオーストラリアゴールを脅かしていたのは見どころでした。

本気で狙っている弾道は見ていて迫力が違います。

16日のベトナム線では早めに試合を作ってもらって、澤選手と猶本光選手のコンビネーションなど見てみたいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。