Home女子サッカー >大竹七未もベタ褒め!ベトナム戦で川澄奈穂美ノートラップシュート
2014年05月17日

大竹七未もベタ褒め!ベトナム戦で川澄奈穂美ノートラップシュート

AFC女子アジアカップ ベトナム戦の展開が気持ちよかった〜。前回のオーストラリア戦が、息の詰まるような展開だったこともありなおさらでした。

開催国のベトナム女子代表は今大会にW杯初出場がかかっている事もあり、なでしこジャパン相手にドローゲームを仕掛けて来ました。

無理して攻めず引き分けて勝ち点1を狙う作戦です。

前半はほぼマンツーマンの形でゴール前を死守されあわや無得点に終わるのでは_とちょっと焦りました。前半終了直前、DF上尾野辺めぐみ選手がしぶとくボールに食らいついてペナルティーエリアの外にいた川澄奈穂美選手に繋ぎゴールが生まれました!

解説の大竹七未さんが言うように、トラップせずにミドルシュートしたことで相手守備陣の隙を付く形になりましたね〜。結構距離があったにもかかわらずベトナムのキーパーは一歩も動けませんでした、、、素晴らしかったです。

ゴールを決めた後の笑顔も良かったな〜。ほっこり来たですw

澤選手がスタメンだった事で、面白いようにセカンドボールをモノに出来ていたのも大きかった。ベトナム陣内で攻撃の芽を摘めたのは彼女のポジショニングのなせる技でした。

後半が始まると、1点を失ったベトナムは同点に追い付くために攻め始めましたが_。

ここから本来の実力差が出ましたね。前半拮抗しているように見えていて、実際の所は詰将棋のようにジリジリとにじみ寄っていたわけです。

ベトナムはもっと攻めるべきだったのかもしれません。オーストラリア戦では、2点のビハインドを背負ったなでしこジャパン。しかしこれは実力差というよりは、勝負のアヤとでも言うべきものだったでしょう。必ずどこかの地点でより戻す展開になるものです。

将棋で例えるならば、なでしこジャパンの攻めの手筋は圧倒的にベトナムを上回ります。同じ駒数で受けていてはいけなかったのです。

たった一枚の歩を奪われただけで、攻めるのに十分な大きさの穴が開いてしまうのです。終わってみれば4-0の快勝でした。

W杯前回王者の貫禄を見せつけるような、波状攻撃が続きました。たまにはこういう試合があってもいいだろうと思ったりもします。

それにしても、解説の大竹さんはピッチに澤選手がいると妙にご機嫌ですよね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。