Home気象・災害・事件事故 >片山被告は本当に犯人か?河川敷のスマホはいつ掘り出された?
2014年05月19日

片山被告は本当に犯人か?河川敷のスマホはいつ掘り出された?

片山被告なぜ消えた!スマホのDNA一致で自作自演説に信憑性?
、、、ちょっとまてよ?捜査員が片山被告が河川敷に埋めたとされるスマホを掘り出したタイミングっていつだった?

裁判前日の15日に不審な姿を目撃されていた。ということは片山被告は保釈中に監視されていた可能性があります。普通に考えれば、片山被告が河川敷を立ち去った後直ぐにその場を調べるのが自然です。

「あ。真犯人です。お久しぶりですね」

などという自作自演メールが予約(タイマー機能)されていることに気がつくのではないでしょうか?この部分がちょっと不自然です?

もしも15日の段階でスマホを掘り出していた場合、16日の公判以前に片山被告に事情聴取などが行われるはず?片山被告を犯人と断定する物証にはならないでしょうが、状況証拠の一つにはなったかもしれません。

メールが16日の公判中に送信されてしまったとなれば、警察はそれよりあとにスマホを発見したと考えるのが自然です。タイマーで設定された時間以前に掘り出していれば、当然メールの送信も解除していたはずです?

ということは、15日に不審な行動をする片山被告を抑えていながら河川敷に埋められた携帯電話には気づかなかった_という事になりませんか?

16日の一件が起こった後で、あの場所(河川敷)が怪しい_という事になったのでしょうか?なんだか間の抜けた話ではあります;;

片山被告の弁護士は、彼は絶対に犯人ではないと主張しています。弁護士の主張には事実に裏付けられた自信が感じられます_。

ニュース報道では、スマートフォンがいつ掘り出されたのか?この部分の情報が一切ないのが気になります。何だか情報が捜査されているような胸騒ぎがしなくもないのです。

片山被告が19日の会見に姿を見せず音信不通になっている事と何か関係があるようにも思えます_。

メールが送られた前日に、スマートフォンを東京・江戸川区内の荒川の河川敷に埋めていた。

PC遠隔操作 河川敷で発見のスマートフォンから被告のDNA

これは過去形で語られているように思えます。

どうして15日の段階でケリが着かなかったのか、それが謎です?

5月20日時点の報道
行方がわからなくなっていたパソコン遠隔操作事件の片山祐輔被告が19日夜、弁護団に対し「全部、自分が仕組んだことです」と一連の事件への関与を認めた

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。