Home女子サッカー >アジア杯準決勝の感想 中国遅延行為やイエローカード連発;;
2014年05月22日

アジア杯準決勝の感想 中国遅延行為やイエローカード連発;;

アジアカップ、なでしこジャパンが苦しんだ末に難敵中国を退けましたね〜。いや〜本当にガリガリ来るチームで観戦してて冷々しましたよ。
澤 ヘディングシュート.jpg

日本チームに負傷者が出なくて幸いでした。延長後半、アディショナルタイムすら経過していた状況での劇的な決勝ゴール。ここまでの試合の流れを見ていて、やっぱりこうなるんだなと妙に納得する部分もありましたね。

反則スレスレの危険なプレーや、あからさまな遅延行為の連続。試合に勝つためなら過程は問わないという空気感でムンムンだった中国。

そういうチーム事情があったのでしょう_。

なでしこは最後までクリーンで献身的なプレースタイルでその仕打ちを跳ね退けた感じがします。そのスタイルは毎度ながらグッと胸に来るものがあります。

結果的に中国は自分達の蒔いた種によって身を滅ぼしたようにも見えました。

苦しい試合でしたが、なでしこジャパンには随所で笑顔が光っていた。ピンチを凌ぐ度にこぼれる宇津木選手の笑顔。後頭部に強烈なファールを貰ってなお笑顔を見せ立ち上がる岩清選手とかね。

※岩清選手後頭部に中国選手が頭突きを見舞ったプレーでは、審判は笛を吹いてくれませんでした;;

中島選手のハンドが澤選手のゴールを帳消しにしてしまうという試練がありました。しかし結果として中国は、なでしこ達の底力を引き出してしまった。

中国の4番の選手がイエローカードを2枚もらったわけですが、なぜかワンプレー挟んでのレッド;;完全に審判の怠慢というか勘違いだったわけですが、この後味の悪さすらもなでしこジャパンにとっては追い風になりました。

延長戦後半、本来のアディショナルタイムを2分以上オーバーしていましたが、審判のミスも幸いし最後のCKをなでしこペースで蹴りこむ形になりました。

土壇場、疲労もピークの中であの絶妙なボールをゴール前に贈った(送った)宮間選手も圧巻でしたが、それを唯一無二の場所で受けた岩清水選手も強いなと思いました。

そしてこの最後のチャンスを短いプレー時間の中で引き寄せた、菅澤優衣香選手のコスパの高さw延長後半すでにアディショナルタイムは終わっていたかもしれませんが、厳しい体勢から強烈なボレーシュートを放ちCKを手に入れました。

【hummel】 リップストップナイロン デイパック

中国は試合を通していいプレーも多かったと思うのですが、それらを自分達で帳消しにしてしまうようなスタイルが勿体無かったです。まあ考えようによっては、あそこまでやって初めて対等という事の裏返しだったのかもしれませんが_。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。