Home趣味雑学・備忘録 >インド・ムンバイ 無人機でピザの空輸に挑戦する動画
2014年05月23日

インド・ムンバイ 無人機でピザの空輸に挑戦する動画

インド・ムンバイのピザ店「フランチェスコズ・ピッツェリア」がピザの空輸に挑戦した動画が面白かったです^^

試験なものだったようですが、店舗から1.5キロメートル先の注文主の所まで無事にピザを配達しています。
インド・ムンバイ ピザを空から配達.jpg
インド・ムンバイ 空輸(無人機)でピザの宅配/YouTube

小型のヘリコプターのラジコンにも見えますが、プロペラを4つ装備し安定感がありますね。動画ではムンバイ市の路地を軽快に進む様子が見て取れます。

単純に動画として楽しめます^^

カメラの視界が配達するピザに遮られてイマイチな感じはしますが、操縦者が上手だったのかな?たしかにこの空輸(空送?)という方法なら、地上の渋滞の影響からはおさらば出来ますね。

しかも直線的に目的地に向かう事で、配達時間の短縮も見込んでいるようです。

ブレードランナーという映画をはじめてみた時、パトカーが空中を移動している映像に感動した事を思い出しましたw人間の想像する事って、こうして少しずつ実現されて行くんですね...。

動画を見た限りでは、十分商業ベースに乗る気がします。ムンバイでは治安機関の建物の上空は飛行が禁止されていることや、そもそも無人機宅配の飛行許可が得られるかなどの問題があるそうです;;

あと移動中に石をぶつたり、虫取り網なんかでピザを強奪する輩などが現れないか心配ですwジャミング(電波妨害)などで、墜落させる愉快犯にも注意した方が良さそうです_。

無人機は今のところ、8キロメートル飛行しただけでバッテリーが切れてしまうらしく、広範囲の配達にはまだ時間が掛かりそうです。配達エリアの中にバッテリーを交換するような中継基地を設けるような工夫が必要でしょうか?

※無人機の導入コスト、1機20万円

長時間飛行が可能になると、系列店舗で無人機を使いまわすようなコストパフォーマンスの優位性も感じるわけです。

この無人機による空送というアイディアですが、実現化した場合に参入業者が増えて予期せぬ事故が起こらないか心配です。ピザに限らず、あらゆるデリバリーサービスが可能でしょうから。

ただムンバイでは今回の無人機宅配の試験飛行ですら、警察からクレームが出ている現状があります。仮にこのような「空送」が日本に導入される場合、どう考えても免許制になるでしょうね。

でも運ぶ物と、最大輸送距離などを限定しながら運用すれば想像以上の便利さが手に入るような予感もします。

「フランチェスコズ・ピッツェリア」のミケル・ラジャニ社長いわく、無人機によるピザ宅配は4〜5年後には一般的になっている_だそうです^^

彼はピザ界の孫正義になるつもりなのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。