Homeアリスの棘 >藤原令子 趣味はイラスト!売りは透明感だったり清涼感?
2014年05月25日

藤原令子 趣味はイラスト!売りは透明感だったり清涼感?

ドラマ「アリスの棘」終盤に突如あらわれた隠れヒロイン、藤原令子さん(有馬鈴役)。現在1994年8月16日生まれの19歳。少女漫画誌「りぼん」の読者モデルをきっかけに女優への階段を駆け上がったようです。
藤原令子は女優としてブレークできるのか?.jpg
趣味はイラストなんだとか。

ブログで披露されている、コナンやムーミンのイラストがとても上手でした。女優という表現力がとわれる仕事と相性が良さそうな趣味です。

私自身、藤原さんの存在はアリスの棘の第7話で知りました。腎臓の病気を抱えた訳あり少女という設定にどハマりな可憐さと清涼感に魅力を感じました。

はるか昔、女優富田靖子さんを初めてみた時の感覚に瓜二つでしたw

えくぼ、上唇のホクロ、黒目がちな瞳、、、うるさいくらいに全てが可愛いw


女優 藤原令子出演作品

すでにたくさんの作品に出演しているようなので、最近のものをご紹介します。

---ドラマ---

・35歳の高校生(2013年4月〜6月)- 結城麻衣 役
・DOCTORS〜最強の名医〜 第2シリーズ(2013年7月〜9月)- 松下萌 役
・MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜 第1話(2014年4月10日)- 瞳 役
・セーラーゾンビ(2014年4月〜)- 玲子 役
・弱くても勝てます 第4話(2014年5月3日)- 飯室芽衣 役
アリスの棘 第7話(2014年5月〜) - 有馬鈴 役


---映画---

・今日、恋をはじめます (2012年) - 香奈 役
・ももいろそらを (2013年) - 黛薫 役


---情報番組---

・めざましテレビ(2011年4月〜2012年3月)- MOTTOいまドキ!


---CM---

藤原令子出演CM 東京ガス"安全TODAY・引越し"篇

CMの動画を見る限り、ちょっとセリフの発音が聞き取りにくい部分が気になります。

若手俳優で頭ひとつ抜けだしている感のある、本郷奏多さんですが日本語の発音の綺麗さには驚きました。ドラマ「なぞの転校生」などに出演していましたが、孤高の空気感の持ち主です。

ここまでやれとは言いませんが、セリフの響きの明快さは役者としては大きな武器または魅力になりますからね。


藤原さんは、今のところまだ主役クラスの役はなくちょい役が多いようです。ただアリスの棘では結構重要な役どころを得ていますので、存在感を発揮して次回に繋げてくれればと思います。

まだまだ可愛いさが目を引くタイプの女優さんです。「SPEC」や「あまちゃん」で脚光あびた有村架純さんなどの出始めの頃とちょっと似た状況にいるのではないでしょうか?

とりあえず画力は十分と言った感じです。

むしろ表情の豊かさでは、半歩もリードしているように思えます。可愛さだけが売りのアイドルとは一味違う魅力を感じます。

それと彼女はスタイルにも恵まれたと感じます。

B79 W58 H80のBカップだそうです。ぶっちゃけこれくらいのほうが女優さんは存在感をアピールし易いのではないでしょうか?

特に若いうちは変にグラマラスだったりすると、そこばかりが取り上げられ事務所の売り込み方も偏りがちになるからです。

透明感、爽やかさというような曖昧な長所のほうがお芝居をする上では色付けがしやすいという事もあります。


藤原令子はNMB48山本彩にそっくり?

いや〜これについてもネットでよく見かける話題なのですが、なかなか的を得ていると思います。

そして比べて見て気づいたのが、アイドルと女優の明確な差です。それぞれカメラ(レンズ)が向けられた時の表情に歴然とした差があるのです。

アイドルにはアイドルの、女優には女優の顔というモノが在るということですか_。分かりやく言うのならば、見る側に主導権があるのが山本さん(アイドル)。

見る側を受け身にさせるのが女優としての素質を持つ藤原さんです。これは地続きの世界観を共有させる事が出来る表現力が物を言います。

やはり似て非なる存在なんだと思います。活躍する媒体が違って当然なんですよね。

藤原令子さん、まだまだ世間一般には知名度が低そうですが「アリスの棘」では本当にいい役を貰ったと思います。

物語終盤、登場人物たちの過去と現在を繋ぐ楔(くさび)のような役どころです。

ぜひぜひインパクトを残して、出世街道をひた走って頂きたい_。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。