Home女子サッカー >女子アジアカップ2014 決勝オーストラリア戦の感想〜澤の代表引退は?
2014年05月26日

女子アジアカップ2014 決勝オーストラリア戦の感想〜澤の代表引退は?

2014 AFC女子アジア杯の決勝で強豪オーストラリアに1-0で勝利した"なでしこジャパン"。ついにアジア女王の座を手に入れました。グループリーグでは戦術面のミスマッチにより2失点を許した、難敵との再戦でした。

決勝でもやはりオーストラリアのフィジカルやスピード高さは健在で、振り返るとゾッとする場面の連続でした;;
澤 アジア杯を最後に代表引退説?.jpg
試合が終わり日本とオーストラリアの選手が互いを健闘し、順番に握手をする映像がフルで放送されました。この時驚いたのが、想像以上に日本選手の体格がオーストラリア選手達に比べて小さかったことですw

宮間あや選手や川澄奈穂美選手が長身のオーストラリア選手と並ぶと大人と子供くらいスケール感に差が出ます;;試合中、選手たちが激しく動いている間はここまで違いがあったことに気が付きませんでした〜(汗)。

試合序盤はオーストラリアペースでした。ゴール前に詰め寄ってくる速さは健在です。繊細にパスをつないで好機を作る日本の戦術とは違い、キック&ゴーで縦に長いパスを蹴りこみ走力で一気にペナルティエリア内に押し寄せます。

開始3分にゴール前に走りこむFWカー選手に縦パスが通ってしまい、強烈なボレーシュートを打たれます。キーパー福元選手が好判断で飛び出したおかげでシュートは枠外に逸れましたが。

あの場面あと少しキーパーの飛び出しが遅れていたら、カー選手はもっといい位置でボールを蹴ることが出来たでしょう;;

この場面、DF有吉佐織選手は先回り出来ている形でしたが、クリアする一瞬の間にボールを奪われシュートされています。実はこの試合ではこういうパターンが結構ありました。

1対1になった時の球際の強さ、引き離す時のスピード。

前半20分ぐらいに、宮間選手のショートコナーをカットされてオーストラリアのカウンターを喰らいました。ラストパスを受けるはずの選手が足を取られ転倒するというラッキーがありましたが、あの雪崩れ込む速度(カウンター)は世界屈指だったと思います。

あまりに速くてゾッとしましたよw

ただ川澄選手などはオーストラリア選手のスピードやパワーに遅れを取る感じはありませんでしたね。それどころか向こうの十八番を奪うかのような縦への飛び出しで、相手選手をスピードで振り切るようなシーンもあったほどです。

しかもペース配分が上手く、相手の力が衰え出したタイミングで自分のスピードをぶつけるような試合巧者ぶりも見て取れます。前回ドイツワールドカップで控えだった事を思い出すと感慨深いですね。

澤選手なども含めて、試合時間90分を俯瞰しながらペースを作れる数少ない選手なのではないでしょうか。

しかし多くの場合ゴール前への縦のパスの出処をなかなか潰せない展開_。オーストラリアはスピードのある選手が多く、どうしても一定の距離感を保つような守備になっていました。

下手に足元に行って抜かれた場合、今までのように後ろから追いかけて奪い返すのが困難なチームです。試合序盤でいきなりこの形が決まった時には非常に不安になりましたね。

やはり身体能力の差の部分は簡単に対策出来ないという事なんだと思いました。互いが相手チームの長所をいかに潰すか、終始緊迫感漂ういい試合になりました。

オーストラリは前半、3トップ?ともとれる超攻撃的な布陣を敷いていました。ゴール前での展開の速さスムーズさは、なでしこ対策がしっかり練られているなと感じました。

ロングボールでなでしこの守備を引かせる、そしてサイドに展開してクロスを入れるというよどみない展開です。仮になでしこがマンツーマンでマークに入ると、個人技で中央を突破するような展開があり対応が難しかったと思います。

なでしこジャパン相手に前掛かりにプレッシャーをかける作戦も十分機能していましたね。格下チームのように気持ちよくパス回しはさせてはくれません^^;

それにしても澤選手が入るとチームの抱えるリスクがいかに軽減するかがよく分かる試合でした。それと同時にいつまで彼女を代表に置いておくのかという懸念も浮かびます。

リオ五輪で澤選手は37歳、、、もうここらへんが潮時なのではという思いです。体力的(フィジカル)に若い選手との差が目立ってきました。

能力は依然高いわけですが、そこに彼女の満足感が伴わなくなってきている現状があり、このアジア杯を代表としての花道と考えてもいいような気がしました。

澤ありきのチーム編成から早めに卒業するべきなのでは?

※ちなみにこの試合の瞬間最高視聴率は、澤選手が自陣ゴール前で倒れ込む場面で25%を超えたそうです。


この試合もやはり、サイドの川澄選手から多くのチャンスが生まれました。なぜ彼女のクロスはDFにカットされないのか?

相手をギリギリまで引きつけて足を出して来るのをあえて待っているようにも見えます。ボールをキープしながらそのタイミングを待てるわけで、凄いとしか言いようがありません。

さて前半の得点シーン(決勝点)。

宮間(CK)→宇津木(クロス)→岩清水(ヘッド)がありました。高さのあるオーストラリアDF相手にこんなに綺麗に決まるものかと、、、。よく見るとDFの頭にあたってゴールしていましたがw

なでしこジャパンは、この1点を守らずに追加点を狙いにいくという姿勢を貫いたのが良かったと思います。守備的に戦って勝てる相手ではなかった思います。

セットプレーに限らず宮間選手のキックの精度、そしてワールドカップチャンピオンとしての意識の高さには敬意を評したいです。

今大会彼女はMVPにも選出されていますが、満場一致だったのではばいでしょうか_。


ワールドカップに向けて期待される選手

なでしこジャパンに定着するには、まずは不屈の魂(メンタル)が求められそうです。そしてアジア杯では中島依美選手の課題克服の早さが印象的でした。

ゴール前でボールを持った時に消極的なバックパスが目立ったグループリーグ。チームのチャンスが相手のプレッシャーに負けた彼女で終わってしまう場面が多々ありました。

しかし決勝では速い切り返しや、ボールをキープしながらの状況判斷。よりゴールに接近するようなプレーが増えました。技術面よりも精神面の変化が感じられ感動しました。

それと菅澤優衣香選手。どのタイミングで投入されてもトップギアでのプレーが出来る。積極的に試合に合流出来る素養を見せつけました。気後れするどころか、あっという間にゲームの主役になれるポテンシャル。

高瀬選手なども含め、なでしこの選手層は厚いんだなと改めて思ったわけです。


中国のSNSなどでの反応にもその部分が見て取れます。

「なでしこ、おめでとう!」
「2軍でも優勝か」
「大儀見、熊谷、近賀、鮫島、大野、安藤、岩淵がいなかったのに」

などなど_。


個人的にはこういうニュースも嬉しかったりします。
アジア杯 なでしこはフェアプレー賞も獲得!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。