Homeアリスの棘 >西門の裏切り?明日美を守りながら移植手術の真相に迫れるか...
2014年05月31日

西門の裏切り?明日美を守りながら移植手術の真相に迫れるか...

やっぱり有馬教授が黒幕だったか、、、いやいやまだ何か別の悪意があってもいいのかも?有馬にとって鈴(過去に違法な移植手術)は唯一の弱みでもあります。その弱みを握っていたのは、磐台だけだったのでしょうか?
西門ゆい 有馬鈴の関係は?.jpg
その磐台も死人に口無しとなり、娘の腎臓移植への障害は明日見だけになりました。8話の流れをみると、やはり有馬は健太の腎臓を狙っていると考えてよさそうです_。

まあネタバレには程遠い妄想ではありますがw

明日美に邪魔をさせないために、有馬はどんな策に出るのか?西門、星野、養父など彼女にとって弱みとなりそうな人物を利用するのか?

9話の予告で西門が明日見を裏切ろうとしている_と告白する場面がありましたが額面通り受け取っていいのでしょうか?ちょっと違うような気がします。

有馬の味方というような事ではなくで、自分自身を犠牲にして単独行動に出るような展開ではないでしょうか?仮に有馬鈴の一度目の腎臓が、西門の妹ゆいのモノだったとして。その真実を掴むために明日美を裏切るような振る舞いに出る展開はある気がします_。

鈴の腎臓が自分の妹(結衣)のものだと知ったら西門はどんな気持ちになるでしょうか?鈴を責めるでしょうか、むしろ結衣が鈴の中で生き続けているという事実に困惑するのではないでしょうか?

鈴の中に妹の姿を重ねた時、その生命が消えてしまう事に抵抗を覚えるのでは?有馬はそんな西門の感情を逆手に取ることで自分の思い通りに腎臓移植を進める事が出来ます。それをさらに西門が逆手に取るという一か八かの展開は?

有馬教授にとってのバットエンドは最愛の娘の死です。私の予想では、鈴は移植をしてもしなくても死んでしまうだろうと予想します。真実を知った鈴は自らの命をかけて、父親の過ちを咎めるような気がするのです。

悲しい、やりきれない展開ですけどね_。


9話では有馬の魔の手から健太を守り、そして15年前の小山内教授の死の真相にまつわる確かな証拠を手に入れる必要があります。

個人的には、有馬教授が娘のために健太の腎臓を狙っているという展開を裏切って欲しいわけですが_それは無理かな。

9話では健太のバイパス手術(心臓?特発性拡張型心筋症...)が予定されているが、執刀医は有馬ではなく岡村という医師が指名される?ここになんらかの有馬の作為(シナリオ)が秘められているのかもしれません。

罪のない人間の死の上に成り立っている命があるとしたら?誰が救われるべきなのか?暴かれる真実になんの意味があるのか?

まだ何かを犠牲にしなければ、真実に辿り着けそうにない明日美。

磐台をいとも簡単に葬った有馬ですから、その矛先を今度は明日見に向けてくるでしょう、、、となると今度は養父が彼女を命がけで守るのか?

実はこの明日美の養父について疑問があります。明日美が病院に行っている間に彼女の部屋を覗いたりしないでしょうか?万が一ですが、明日美のやろうとしている事を知っていたとするならば_。

養父という血の繋がりのない関係だからこそあり得る展開。彼も15年前の事件に関係していたとすれば、どんでん返しのラストが見れるかもしれないのです。

あんな柔和で人の良さそうな人が、黒幕または準黒幕的ポジションだったら顎がはすれますw

多くの命が犠牲になり、もう引き返せない明日美に救いはあるのか?

せめて星野には理解を示して欲しい、きっと明日美を救うと信じています。

こんな悪夢ならいっそ、不思議の国のアリスさながらに夢落ちであって欲しい。全ての時間を巻き戻して、15年前のあの桜の木の下でうたた寝から目覚める明日美でいいじゃないって;;

_ほんとに先が読めない展開です;;

ついに悪夢の中心部へ向かって走りだしたアリスの棘。いったいどんな結末が待っているんだ!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。