Homeアリスの棘 >アリスの棘最後の復讐!西門と養父水野は共犯者?それとも、、、
2014年06月13日

アリスの棘最後の復讐!西門と養父水野は共犯者?それとも、、、

「アリスの棘」最終話30秒スポットver.2

「父さんを返せ!」_明日美がナイフを振りかざしていますが一体誰にでしょう?

「俺達の知らない黒幕がもう一人いたってことだ(西門)」_これが万が一自分自身の事を言っているとしたら驚愕です;;


「被害者はふたりだけじゃない(明日美)」_小山内と結衣の事?それとも磐台と日向の事だろうか?前者だとすれば、2人の命を奪ったのは同一人物という事にならないだろうか?

「たくさんの人の人生を狂わせておきながら、のうのうと生きている。これが最後のカード(復讐)」_誰に対してなんのカードが送られるのか?

「殺したのはあなたじゃないよね?」_この場面で頭から何らかの液体(灯油?)を浴びせられる、養父・水野の姿があります。しかし直後に西門の姿が!?

まさかまさかの、西門黒幕説浮上か?

「いい人の振りをして、ずっと騙してたんだ」_この明日美のセリフは養父に向けられたものなのか?待ちくたびれたよと、不敵な笑みを浮かべる西門もいますが、9話からの流れを踏まえると除外されるかな。
(※西門が黒幕であって欲しくない、こんな感情が多くの視聴者に芽生えているとしたら、、、。)

西門が明日美を遊園地らしき場所に呼び出したように見える演出ですが、そこには帽子をかぶった人物の姿もあります。

最終決着は空港での一件とは別に用意されているようですね。養父水野に疑惑が注がれすぎという気もしますが、西門の言うように黒幕はもう一人いるわけです。

心に苦しみや屈折を抱く人物が。

有馬の妻が娘の事を"みなみ"と呼んでいたのが気になります。みなみを鈴の姉と予想されている方がいました。心を患う原因が長女の死だったのでは?という見解です。

ここに養父が絡むことで、有馬に対して弱みを握られる関係が成立していきます。有馬の妻にも復讐したい相手がいたのでは?

その相手が仮に養父だった場合、彼が明日美の実の父親でなければ意味がありません。小山内が養父で水野が実の父親、、、こんな展開がありえるでしょうか??

9話の伏線で気になったのが、水野が胃の調子が悪いと店を休業した事です。手術が必要なほどの状態だとして、それを明日美が救う展開は養父の黒幕説が否定される気がするのです。

真に復讐すべき相手の病気を救う必要はないと思えますので。

ネット上にはびこる、すべての予想を全て裏切るラストに期待しましょう^^;
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。