Home気象・災害・事件事故 >レターパックを悪用した次世代詐欺?青森県の高齢者は案外お金持ち?
2014年06月15日

レターパックを悪用した次世代詐欺?青森県の高齢者は案外お金持ち?

青森県 高齢者を狙った特殊詐欺.jpg青森県でオレオレ詐欺の被害の代わりにというか、ちょっと特殊な詐欺が横行しているようです。他県での状況はわかりませんが、その内容が結構巧妙です。

高齢者を狙って、投資(債権購入など)や名義貸しのトラブル解決をかたり現金をだまし取るという手口です。

第三者の投資を成立させるためにお年寄りに名義を貸して貰い、そのお礼に謝礼を払うという感じでしょうか?(※謝礼については私の想像ですが_。)


しかし結果的に2000万円以上の現金を騙し取られた人もいるようです。カラクリは後日貸した名義でトラブルが発生したと連絡が入ります。善意の第三者を装った架空の会社からあなたのせいで警察沙汰になるような被害を受けている、、、といった感じです。

そもそも貸した名義による債権購入など取引の事実はないのですが、そんなバックグラウンドに気付かないお年寄りは良心を痛め責任を感じ損害の穴埋めでお金を渡してしまうそうです;;

※お金は後で返すと騙し、安心させて支払わせます。

現金の受け渡しには、郵便局やコンビニなどで気軽に手に入るレターパックが使われいるそうです。本来レターパックで現金を送ることは禁じられています、補償もありませんし泣き寝入りです;;

レターパックは中身について簡単に記入する必要があるので、おそらく犯人の指示で適当な品名を記入していたと思われます。たとえば、文庫本など_。

今年だけでもこの手の詐欺被害は、青森県内で1億円を超えている状況だそうです、、、青森県の高齢者って意外とお金持ちが多いのでしょうか?

私の感覚では、名義貸しっていう段階ですでに信じられません^^;仮に謝礼が支払われるという事でうっかり話に乗ってしまう事は考えられますが?

まさか謝礼すら無しに、たんなるお人好しって事はナイですよね!?

青森県は、日本屈指の低賃金・低所得・短命県です。それ故、お金に関してはシビアな人が多く怪しい話にはそうそう乗っからない人が多いと思っています。

私もそうですし、そもそも詐欺に支払えるだけの蓄えもありませんw

案外このようなおいしい話で何らかの旨味を味わった事のある人が被害にあっているのかもしれませんね_。お年寄りほど、情も深いが欲も深いって部分はあるかと思います。

日頃から人と接し、外部から色々今どきの話が入ってくるような近所付き合いでもあれば結果は違ってくるような氣もしますけどね。

結局、相談できる相手がいない事で過剰に自己責任を感じてしまったりするのかな〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。