Home情報番組・特集 >NHKダーウィンが来た!カブトムシゆかりがゴキブリと、、、
2014年06月22日

NHKダーウィンが来た!カブトムシゆかりがゴキブリと、、、

ダーウィンが来た ミラクル・スピーシーズ.jpg
今回の記事作成は虫が苦手な自分にとっては、またとない苦行になりました。さっき飲み干したブラックコーヒーが酸味豊かにこみ上げるほどの;;

2014年8月6日にNHK総合で放送される、「ダーウィンが来た!生きもの新伝説 ミラクル・スピーシーズ大冒険!生命1億種に秘められた進化の秘密」に可愛いと評判の"カブトムシゆかり"さんが出演します。

世界中で毎年1万8千の新種が発見されているそうです!?

彼らはミラクルスピーシーズと呼ばれ、まだ1000万種ほど存在すると言われています。哺乳類のような大型の新種はそう考えられないので、その大半は昆虫や深海生物でしょうか?

バクテリアなども含めると探す行為自体が奇跡だと思えます;;

さてこちらは、中米コスタリカにて野生のゴキブリとたわむれるカブトムシゆかりさんですw
カブトムシゆかり nhk.jpg

公式サイトの予告動画を見ればその様子がより鮮明にわかります。_日本に生息するゴキブリすら見たことがない私にはとてもインパクトに満ちた映像でした;;

※北海道や北東北のような寒冷地で暮らす人でゴキブリを見たことのない人は結構います。地域によってはチャバネゴキブリなどは生息しているようですが。


ワールドカップにも新種が存在した?

コスタリカといえば、現在開催中のブラジルW杯で“死の組(グループD)”を突破したことで脚光を浴びています!

詳しくは、コスタリカが“死の組”を突破できた訳?をご覧ください。(彼らは今大会においてそれこそ"新種"となりつつあるようです_)


芸能界における新種?


そしてカブトムシゆかりさんも、芸能界におけるミラクルスピーシーズといってもいいかもしれません。一時はカブト虫を利用した"売名行為"などと噂される事もあったようです、、、。

しかし今回放送される「ダーウィンが来た ミラクル・スピーシーズ」をご覧になれば、その嫌疑は間違いなく晴れると思います。何より私がそうでした。

本当に好きな人だからこそ、表現できる臨場感だった説得力にあふれています。"昆虫愛"という言葉がしっくりくるキュートな人ですね。

※カブトムシ以外も大好きみたい_。

コスタリカの熱帯林にて奇妙な生物とじかに触れ合う彼女からは喜びが伝わってきますが、自分も子供の頃は昆虫が大好きでたくさんの生き物を自宅で飼っていました。

カマキリの卵を机の引き出しで孵化させたり、玄関でヒヨコをニワトリまで大きくしたり。友達と裏山に人口の池を掘ってカエルの卵をかえしたり、、、w

なのに今では素手で掴める昆虫はほとんどいない、、、なんでだ?

大人になり虫が触れなくなるというパターンにハマる人は多く、その理由も諸説存在するようです。長期間に及んで接する機会が失われる事で、身近だったものが”未知の存在”に変わっていくのだとか。

その生態、動きなど予測出来ない事への不安や恐怖が芽生えるなど_。また、昆虫はグロテスクで気持ち悪いモノという世間に広がる先入観も一役買っている部分もあるのかもしれません。

身近な所で昆虫に接していた幼少期は間違いなく「カッコいい」の対象だったのに。

自動車なんかでも長年運転しないでいると億劫(おっくう)になりますが、この感覚を昆虫にあてはめて考えるのは乱暴すぎるでしょうか?

長く生きてりゃあ、それだけ多くの境界線を張り巡らしてながらの現在です。昆虫に対してそうはしなかった人でも、人間に対しては違ったり、、、色々です。

そんな不思議な郷愁(切なさ)を覚えつつ、8月6日放送分の予告動画を眺めていましたw

ダーウィンが来たスペシャル! カブトムシゆかり出演予告動画

昆虫も人間と同じ地球の住人なんだって部分には立ち帰れそうな番組です^^;

頭では解っているものの、やっぱり苦手だな〜w

それにしてもさすがNHKって思いますね。ドラマにしてもドキュメンタリーにしても懐の深さが感じられます。視聴者の好奇心をシラケさせないコンセプトへの迫り方が確立されています。

簡単に言えば、そのリサーチ力に尽きるのではないでしょうか?

仮にパーソナリティにカブトムシゆかりさんのような旬な人を迎えなくても、十分楽しめる内容だと思えます。

2014年8月6日(水)午後7時30分〜8時43分放送という事で、薄っぺらくなりがちなテーマをしっかりとしたボリュームで見せてくるはずです!

※まあそれなりの受信料を徴収しているわけだから当然ですね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。