Homeスポーツ試合結果 >ネイマール第三腰椎骨折の場所!ファン・スニガはわざとやったのか?
2014年07月05日

ネイマール第三腰椎骨折の場所!ファン・スニガはわざとやったのか?

DFファン・スニガ 背後からヒザ蹴り.jpg
【W杯】ネイマール骨折の瞬間(YouTube:11秒)

これはひどい〜。これまでも散々削られてきたネイマール選手でしたが、ここまでのラフプレーはおそらく想定外だったかもしれませんね;;

こういうやり方でスター選手を潰すなんて、、、本人(ファン・スニガ)はわざとやった行為でないとコメントしていますが_。

「僕は誰かをケガさせようと意図したことはない。普通のプレーだった。僕は自分の国のユニフォームのためにプレーしていた。ケガをさせるつもりでプレーはしていない。自分のユニフォームを守るため、戦っていたんだ」_とスニガ選手。

うずくまるネイマール選手の元で、チームメイトやコロンビアの10番の選手が心配して様子を見ていました。しかしそこにスニガ選手の姿はありませんでした。

故意のプレーでなければ、笛がなってゲームが中断したタイミングでは近寄って来てもいいような気がします。それが人情っていう気がします。

う〜ん、動画を見るとわかるようにスニガ選手の顔は間違いなく空中のボールを見ていますが、付き出した膝はネイマール選手との距離感を測ったように背骨に直撃しています。

顔はボール、膝は背中っていう感じです。

まあ見ようによっては、スニガ選手の膝の延長線上にボールが収まっている事も確認出来ます。ネイマール選手もファール意外ではボールに触れない形で、ポジショニングしていますので_。

それにしても打ちどころが悪すぎます。第三腰椎骨折とは、、、。
ネイマール 第三腰椎 骨折.jpg
まあ、粉砕骨折とかじゃなくて、軽度の亀裂骨折(腰椎にある突起が折れただけ?)のようなものだと思われます。報道では手術は必要ないとしながらも、彼のワールドカップはここで終了です。

倒れこんだネイマール選手は、駆け寄ったチームメイトのDFマルセロ選手に「足の感覚がない」と訴えたと言います。一時的だったかもしれませんが、脊椎を走る神経にダメージがあったのかもしれません。

それにしてもブラジルのアドバンテージをとって警告などの対処をしなかった審判は許されるのでしょうか?アドバンテージを優先した場合、後からペナルティを課すことは出来ないのでしょうか?

なんだか意味不明です;;

脊柱といえば、中枢神経の通り道ですから今後後遺症などが出るかもしれない。これが自分の国のユニフォームを守るためのプレーだと主張して、母国のサポーターは納得するでしょうか?技術の飛び抜けた選手に毎回これをやっていてはサッカーというスポーツが成立しなくなるような気がします。

なんのために審判がそこにいるのか?そう咎めたブラジル代表のフェリペ監督の不満も当然でしょう。これ、万が一ブラジルが負けてたらどうなっていたことやら;;

ネイマールVSメッシという夢のカードに期待していたファンも多かったと思うので残念で仕方ありません_。

決勝でブラジル対アルゼンチンのカードが現実化した瞬間、"負の伝説"として語り継がれそうです。でもこれが、ワールドカップなのかなぁ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。