Homeスポーツ試合結果 >7月12日ソフトバンクは斎藤佑樹を侮った!牽制アウトに盗塁失敗?
2014年07月13日

7月12日ソフトバンクは斎藤佑樹を侮った!牽制アウトに盗塁失敗?

斎藤佑樹 ソフトバンク 復帰戦.jpg
斎藤佑樹 ソフトバンク戦の牽制!!(YouTube:1分11秒)
斎藤佑樹 3ヶ月ぶりの一軍先発 2014年7月12日 (YouTube:10分15秒)

12日のソフトバンク戦で1軍復帰した斎藤佑樹投手。まだまだ伸びしろ感じさせつつ安定感あるピッチングを見せてくれました。

初回ソフトバンク2番の今宮選手を四球で歩かせるも、シャープな牽制で見事に仕留めました!3回にはヒットで1塁に出た明石選手の盗塁失敗などもありました。パ・リーグ最強打線ともあろうものが2軍上がりの斎藤投手を侮って浮足立ってしまったか?

いや斎藤投手、単純に落ち着いていたし制球もバッチリだった。5回までは斎藤投手の仕切りでゲームが進んでいました。それにしても1回の牽制アウトの場面の声援とか凄かったですね;;

投球フォームも悪かった時に比べて間違いなく柔軟さが感じられました。踏み込んだ時の左足の使い方が良くなったのは素人目にもハッキリわかります。つっぱらないんですよね。その恩恵でリリースポイントが以前よりもバッターよりになって制球に安定感が増しています。

決め球の変化球がよく効いていました。

2軍で地道に反復練習積んできた成果でしょうね^^

4回に内川選手に鮮やかにスタンドに運ばれましたが、その後崩れることなく2つの三振で締めています。5回終了時点(2-1)で勝投手の権利を持ってマウンドを降りた斎藤投手でしたが、日ハムの継投が打ち込まれ逆転負けで勝ち負けなし_という結果でした。

栗山監督には最低あと1イニング、6回まで投げさせて欲しかった。監督が怖がってどうするんだっていう部分ではあります。どっかでまだ不安なんでしょうかね^^;

古傷の右肩の関節唇損傷を再発させないように、この調子で頑張って欲しいです。

現状、マー君と比較する事に価値は見いだせないながらも肩の疲労度はあまりないはず。だってそこまで試合に登板してないですからね;;メジャーではピッチャーは消耗品である_という考え方が一般的。要するにキャリアを逆算して、ホールケーキを均等に切り分けるようにバランスよく頂こうということになる。

ドカ食いは敬遠されるという事のようですw

マー君は店先に並んだ途端に評判になり、一気にがっつかれた。反面斎藤投手はいつのまにか商品棚の片隅に追いやられて長いことその存在を忘れさられていた。

通った道は違えど、二人共貴重な経験を積み重ねてると思うし逃げずにひたむきだったよね。12日ソフトバンク戦の斎藤投手の日焼け具合がちょっと眩しかった。

練習してない奴があそこまで焼けたりしないでしょう。

一皮むけた、そんな表情に見えました。まずは1勝、そこから時間の逆回転が始まるよきっと。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。