Home女子バレー >セッター宮下遥がトルコの高さとパワーを翻弄
2014年08月23日

セッター宮下遥がトルコの高さとパワーを翻弄

miyasita_haruka_177cm.jpg

動画:ワールドグランプリ2014の決勝ラウンド 日本×トルコ

FIVBワールドグランプリ2014決勝ラウンド。初戦のロシア戦では途中交代となったセッター宮下遥選手、トルコ戦ではストレート勝利に貢献し存在感を魅せつけました。

日本はトルコに予選ラウンドではストレート負けだったわけです。決勝ラウンドまでの間に火の鳥Nipponに何が起こったんだ!?

MB1の進化系、Hybird6とは?

WGP決勝トルコ戦の結果

  • 1セット 日本 25-13 トルコ
  • 2セット 日本 25-17 トルコ
  • 3セット 日本 25-17 トルコ

この記事を書いている段階で日本は中国にもストレート勝利し怒涛の3連勝。新戦術であるハイブリッド6(Hybird6)が機能し出したという事だろうか?

ちなみに日本以外の強豪国はこんな感じのフォーメーションを採用しているようです。

mb1.jpg

常に前衛にMB(ミドルブロッカー)がいる感じですね。どんな状況でもブロックポイントを狙える布陣です。ただし身長差で劣る日本はMB1という戦術で、ミドルブロッカーを一枚に減らしてWS(ウィングスパイカー)を一枚増やしました。

結論から言うと、"超攻撃型バレー"という意味において「MB1」は案外中途半端な戦術だったのかもしれません。それに比べて現在採用している「Hybird6」の布陣は凄いです;;

Hybird6toha.jpg

通常時セッター以外は全員アタッカーです。もちろん流動的にリベロの佐野優子選手が入ったりピンチサーバーを起用するなどはあります。それにしても従来のお約束を打ち破った大胆な戦術に進化したと感じます。


トルコのMBが機能しなかった件

トルコには長身(197cm)ミドルブロッカーで、キュブラ・アクマンといういい選手がいましたが第2セット途中で交代しました。私にはハイブリッド6が機能している証拠のように見えました。

初戦で世界ランキング1位のブラジルを破ったトルコに何もさせないという貫禄のバレー。世界は今の日本の戦術をどうのように見ているのでしょうか?ネット際では遅れを取るに違いないと思っていたのですが、そんな事はなく案外互角の競り合いを見せています。

日本がレシーブがいいのは知っていましたが、ブロックポイントも予想に反して取れている;;逆にトルコは取れてない?トルコ戦、日本は1番ギュルデニズ・エナル選手をサーブで狙い続ける戦術が功を奏した形です。これを嫌がるトルコは余裕をもってブロックコースに入れず、陣形が崩れ終始バタバタしていました。

ハイブリッド6では、"攻撃は最大の防御"_という側面が見て取れます。アタッカーが5人もいると的が絞れない。向こうが勝手に崩れてくれるという感じだったかもしれません;;


セッター宮下遥のポテンシャル

Hybird6.jpg

日本では大型セッターとして期待されている宮下遥選手ですが、世界的には177cmという身長は取るに足らないもの。しかし最近の彼女は攻撃的なトスまわしだったり守備においても輝きを見せています。

反応速度が速く、常に次につながるプレーが出来ている!2013年のワールドグランプリでは中道瞳選手とはセッターとしての安定感に差があるな〜と感じましたが、、、。インタビューなんかの発言も凄く前向きになった感じ。日本の司令塔というプレッシャーだった部分が、やり甲斐に変わってきたのかもしれません。

背中にも目があるんじゃないかと思わせる、裏へのトスなんか堂々としてました^^

ハイブリッド6では、1人の選手が複数のポジションをこなす必要がある。これは宮下選手も例外ではなく、ブロックに跳んだ直後にすぐさまトスを上げる体制に入らなければならない;;

サーブレシーブでは速い球が返ってくる事も多く大変です;;

それでも、あらゆる位置に仕掛けられた投石器から繰り出される攻撃は見ていて爽快です。今後、世界が日本にどんな対策をしてくるのかも面白いところですし。

リオ五輪の木村沙織のポジション

トルコ戦を見ていて、木村沙織選手の円熟ぶりを再確認すると同時に一抹の寂しさを感じました。リオ五輪で彼女はチームの柱かもしれないが主力というポジションではないかもしれない_。それほど若い選手が台頭し始めているということです。

相変わらずの技術の高さには驚きますが、以前ほどの決定力(インパクト)がなくちょっと寂しい。ただ若い選手が総合力で木村選手の域に到達するのは簡単なことじゃない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。