Home気象・災害・事件事故 >デング熱 台風や電車(交通機関)でも広がるわけで...
2014年09月13日

デング熱 台風や電車(交通機関)でも広がるわけで...

ヒトスジシマカ.jpg

地元青森でデング熱感染者が確認されたというニュースを目にした時にはとっても驚きました。感染源(代々木公園)に近づいたわけでも、渡航歴があったわけでもなかった?

私自身2〜3日前、相当久しぶりに蚊に刺された時にはちょっと焦ったりもしました。

ヒトスジシマカの特徴

見た目的には、黒い体色に白い縞(しま)という特徴がその他のやぶ蚊と一線を画する。胸部の背面(背中?)にW字状の斑があると言われていますが、ネットの画像で見る限りよくわかりません。

この手の模様の蚊はあまり見たことがない;;ただし大きさが5mm以下である事が多く肉眼で見分けられる気がしません。

生態、繁殖方法は一般的な蚊と同じみたいです。ただし寒さにあまり強くないという事。これまでは秋田県や岩手県が北限だったらしいのですが、最近では青森などでも発見されています。寒い地域だからといって、安心して対策を怠っては行けないわけです。

我が家では念の為に 蚊取り線香 を使用中。

青森でも最低気温がまだ15℃前後ありますから、繁殖する可能性は十分あります。寒い地域であっても、あと1ヶ月くらいは用心した方が良さそうです。


蚊も電車に乗る?

※こちらは9/05のニュース動画で現在の状況とは異なります。

国立感染症研究所によると、蚊の飛行距離はおよそ50〜100メートル程度という見解があります。しかし全国的にデング熱は拡大を続けています。

ちょっと前、たまたまスーパーjチャンネルをみていたらキャスターの方が電車の中に蚊がいたことに驚いたと言っていました。


ヒトスジシマカも交通機関を利用している!?


しかも多くの交通機関は空調が効いて温かいので蚊にとっても快適なはず?しかも9月は8月に台風が少なかった影響でその分多くなると予想されます。仮に台風ラッシュが発生すれば必然的にデング熱の拡大は避けられないという見方です。


デング熱が発症しない人もいる?

万が一ヒトスジシマカにデングウイルスを注入されても、なんの症状も出ない人もいます。それは、免疫力の高い人なんだとか。免疫が強い人ほど腸内細菌が活発で"ウンチ"が大きいそうです!

最近ちょっと細くなってきたな〜という方はもしかしたら免疫が低下しているかもしれない?デングウイルスに負けないように食物繊維をしっかりとって腸内細菌を活発にするよう心がけたいものです。

食物繊維の多い食品(食品100グラムあたり)
  • 乾燥きくらげ:約57グラム
  • ひじき:約43グラム
  • 干ししいたけ:約41グラム
  • あおのり:約38グラム
  • 切り干し大根:約20グラム

※ちなみに厚労省は1日あたり40グラムの食物繊維の摂取を推奨しています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。