2014年06月01日

田中将大が100%継続中の記録クオリティー・スタート(QS)とは?

田中将大 ツインズ戦.jpg
ヤンキースの田中将大投手がツインズ戦に先発して、8回を4安打1失点9三振の好投。自責点0の快投でメジャー8勝目を記録しました。

いつぞやのこちらの杞憂な心配を見事に裏切る活躍で、11試合を颯爽(さっそう)と駆け抜けてしまいましたw

※記事下段にQSに関する追記があります_。


続きを読む
2014年05月29日

斎藤佑樹はきっとストレートを投げてくる?

イースタン・リーグ 西武―日本ハム(29日・西武第二)に先発した斎藤佑樹投手ですが、6回6安打6失点と打ち込まれたようですね_。勝敗がつかなかったことが逆に虚しく感じられます。
斎藤佑樹 1軍復帰はいつ?.jpg
力ないストレートをことごとく痛打され、「大谷を見習え!」と1軍で活躍する後輩を引き合いにだされ野次られたとか;;
続きを読む
2014年05月25日

【速報】斎藤佑樹 2軍で好投!マスコミは5月20日の彼には無関心;;

2軍で調整が続く日ハムの斎藤佑樹投手。20日のイースタン・巨人戦(鎌ケ谷)で7回4安打2失点と好投しています。4月11日の2軍降格、初の白星がついたものと思われます。

※20日斉藤投手は7回2-2の同点でマウンドを降り、その後巨人に勝ち越されたようです。

負け試合は執拗に取り上げるメディアですが、ナイスピッチングを披露した際はあまり興味を示しませんねw今回の結果を知るのに随分とタイムラグを喰らってしまいました。

確かにここまでの経緯を振り返った時に、この好投が世間的にはさほど重要なトピックとなりえないのは理解できます。
続きを読む
2014年05月21日

中村俊輔を苦しめた胆石性胆のう炎の症状とは?

横浜F・マリノスの中村俊輔選手が、胆石性胆のう炎の手術を受けたそうです。

胆のう炎の多くが胆石が原因で起こるとか。もちろん胆石に起因しない細菌などによる炎症もあるでしょう。中村選手は、単孔式腹腔鏡下胆のう摘出手術を受けたと発表されましたので、完全に胆のうを摘出したようです。

胆石が胆管に詰まると、発熱したり・腹痛(激痛)・ショック症状などが伴います;;サッカーどころではないですよね_。
続きを読む
2014年05月16日

ACミラン至宝 ハキムマストゥールのプレー動画!2年前でこのレベル;;

ACミラン ハキム・マストゥール.jpg
W杯日本代表FW本田圭佑選手が所属する、ACミランの下部組織(アッリエーヴィ・ナツィオナーリ)に早熟の天才プレーヤーがいるようです。

ハキム・マストゥール(MF)選手、15歳。1998年生まれなので、もう16歳になっているかも?とにかく若いわけです!よく考えてみたら、AKB48の若い子らと同世代なんですよね〜;;

私に言わせれば、ついこの間生まれた世代...あまり深く考えるのはよそう。主にトップ下でプレーするテクニシャンということで、将来的に本田選手のライバルになるのかもしれません。

こちらの動画の登録日は2012年なので、現在はさらに進化しているものと思われます^^;;(※背番号7の選手がマストゥール選手です。)

ハキム・マストゥール プレー動画
続きを読む
2014年05月13日

女子ゴルフのマー君 成田美寿々;;早大三羽ガラスと合同トレーニング

ワールドレディスサロンパスカップ 成田美寿々 優勝.jpg
ワールドレディスサロンパスカップでツアー通算3勝目をあげた、成田美寿々選手ですが、女子ゴルフ界のマー君(ヤンキース)と呼ばれているそうですが知ってましたか?

私は初耳でしたが、こちらのサイトを見て思わず納得しましたw

成田美寿々はマー君に似ているのか?
続きを読む

マドリッド決勝の結界!クレーの王者ナダルに錦織圭が見せた成長

錦織圭棄権 もう腰が限界だった.jpg
錦織圭選手は元来天才肌の選手で、地道で単調な基礎トレーニングは子供の頃から嫌いだった_と報道ステーションでの松岡修造さんのコメント;;

しかしマイケル・チャンをコーチに迎えると基礎部分がメキメキと改善されたといいます。その成果が直近のツアーでは遺憾なく発揮されていました。

男子テニス、マスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン決勝。危うく錦織選手が第1シードR・ナダル選手(スペイン)に勝利しそうな展開だったのです。

第3ゲーム終了時点で錦織選手の腰のコンディションが限界に達し、無念の棄権。結果準優勝となりました。素晴らしかったけど、勿体無かった...。
続きを読む
2014年05月07日

井岡VSアムナット戦の採点が不思議だね?

井岡 アムナット戦.jpg
IBF世界フライタイトルマッチ、同級8位の挑戦者・井岡一翔選手ですが1-2の判定で、王者アムナット・ルエンロン(34)に敗れてしまいました。

下の階級から上げていった井岡選手とアムナット選手とのパワーの違いが厳しかった;;たんにパンチ力だけなら、やりようはもっとあったのかもしれません。綺麗なボクシングをする井岡選手に対して、ごまかし方も巧いアムナット。

事実ホールディングによる減点を献上しながらも、常に形勢を獲ることに成功していました。
続きを読む

バドミントン奈良岡功大 浪岡中学1年のキャリアが凄い

この動画で手前にいるのが奈良岡功大選手で、画面奥がタウフィック・ヒダヤット選手です。タウフィック選手はバドミントンファンなら知らぬものがいない世界屈指の名プレーヤーです。

インドネシア代表としてオリンピックと世界選手権の両タイトルを獲得した耀かしい経歴の持ち主で、母国では大変尊敬されています。余力を残しながらも2013年をもって現役を引退しています。

中国の至宝、林丹(Lin Dan)選手の全盛期に対等に戦えた数少ない選手だったと記憶しています。

続きを読む
2014年05月06日

斎藤佑樹速報 5月4日の先発の結果(泣;)

イースタン・リーグでヤクルト戦に先発登板した日ハム斎藤佑樹投手ですが、またしても結果を残す事が出来ませんでした。悪夢なのか、それとも実力なのか_。

6回6安打4失点4四球という、まるで前回登板のリプレイのようです。

一番がっかりしたのが、3回無死一、二塁で岩村選手に右中間へ特大の3ランを許した所です。たまには抑えてくれよって。なんで毎回ホームランなんだよ!?
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。