2014年04月01日

松井裕樹投手、開幕ローテ入り。目指せシーズン2ケタ勝利!!

松井裕樹
4/2ついに公式戦ですね、松井裕樹投手の。

オリックス戦は平日デーゲームのようですが、観客動員数が2万人超えするとの見通しだそうですwチケットバカ売れ、争奪戦になっていることでしょう〜;;

コボスタ宮城かあ〜気軽に行けない距離だな〜wあげあげムード確定です、本拠地のマウンドで勢いがつきそうです!ちなみに4/1の先発は美馬投手です。
続きを読む
2014年03月30日

福留と西岡が激突;;頭からくの字に折れ曲がる危険な体勢!?

巨人阪神戦を観戦しながらブログの記事を書いていたところアクシデントが発生しました。2回裏、二塁後方の飛球を追っていた阪神の西岡剛内野手と福留孝介外野手が猛烈なスピードで衝突してしまったのです。

続きを読む

浅田真央引退!?トリプルアクセルが真に評価される時代

さいたまスーパーアリーナの世界フィギュアスケート選手権で金メダルを決めてくれた浅田真央選手の演技をようやく見れました。成熟期といってはばからない貫禄の滑りだったと思います。

ロシアのリプニツカヤ選手が2位でしたが、表彰台での笑顔が印象的です。彼女は、真央ちゃんを尊敬するスケーターと公言していますので、今大会での結果には満足しているように見えました。

※3位はカロリーナ・コストナー選手。
続きを読む
2014年03月07日

フィギュアスケート世界選手権とソチ五輪の温度差が;;

フィギュアスケート世界選手権 羽生

3/26〜3/29、さいたまスーパーアリーナで開催されるフィギュアスケート世界選手権の出場者が発表されましたね!

結論から言えば、今もっともその演技を見てみたかった女子金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)や、同じく銀メダリストのキムヨナ選手の欠場が残念です。まあキムヨナさんに関しては引退報道&熱愛報道もあり順当な流れなのかもしれませんが。
続きを読む
2014年03月05日

メジャー先輩、黒田投手からマー君へ中4日のマインド伝授!

海を渡ったマー君こと、田中将大投手。

ちょっと待ってもらっていいですか、、、「田中将大投手」って書いた時に含まれる"大投手"_という部分に今気が付きました!

「大」とかいて"ひろ"と読む。

さ、さすが大投手。もはや運命づけられていたという事ですか。

田中投手のスプリットが海の向こうメジャーで衝撃を与えているというニュースを目にする度に、テンション上がりまくりのオッサンがここに居ますw
続きを読む

ソトニコワをソチ金に導いたタラソワコーチのシナリオ

いまさらですが、ソチオリンピック女子フィギュアスケートにおける「アデリナ・ソトニコワ選手」の金メダルを再検証してみたくなりました。

なぜかと言うと、こんな記事を見つけたからです!?

浅田真央 恩師タラソワコーチが15才の愛弟子で“真央潰し

目を通して貰えればわかりますが、今読むことでソチでのソトニコワ選手の金メダルに必然性を見出すことが出来る内容です。ちょっと恐ろしくすらなりますね。
続きを読む
2014年03月04日

オリックス復帰の谷が疲労骨折寸前で開幕スタメン危機!?

谷佳知 疲労骨折

8年ぶりにオリックスに復帰した谷佳知外野手(41)の1軍合流が大幅に遅れることが3日、分かった。当初は4日のDeNA戦(京セラD)で合流予定だったが、左足甲の腫れにより古巣でのデビュー戦が白紙となった。
谷選手の左足甲の怪我ですが、疲労骨折の一歩手前という状況で開幕スタメンが絶望的という見方もあるようです。続きを読む
2014年03月03日

高梨沙羅選手!勝つほど積み重なる平昌のプレッシャー

高梨沙羅 イラスト
◇ノルディックスキーW杯ジャンプ女子個人第15戦(2014年3月2日 ルーマニア・ルシュノブ=HS100メートル、K点90メートル)
前日に2季連続の個人総合優勝を決めた高梨沙羅(17=クラレ)がさらに勝ち星を上積みした。1回目は85メートルで2位にとどまったが、2回目に最長不倒の93・5メートルを飛んで合計230・4点で逆転優勝。W杯4連勝で今季12勝目を挙げた。シーズンは残り4試合で、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(24=オーストリア)が持つシーズン13勝のジャンプW杯最多勝記録も視界に捉えた。伊藤有希(19=土屋ホーム)は6位に入った。
続きを読む
2014年02月24日

モテ男の羽生結弦!あのリプニツカヤ兄貴も露骨に笑顔〜

こちらはソチオリンピック フィギュア・エキシビションでのリプニツカヤ選手の表情を追ったものです!

意図的な編集の可能性もありますが、あまりに目の付け所がよく笑ってしまいました;;リプニツカヤ選手は浅田真央や羽生結弦を尊敬するスケーターと公言しているようですからある程度の信憑性はある気がしますw

白鳥をイメージした衣装に身を包んだ、羽生結弦選手と手を取り合って演技するリプニツカヤ選手のあの表情、、、なかなか見ることが出来ないような乙女の笑顔ではないでしょうか。続きを読む

長島圭一郎のインタビューに見る敗者の弁の意味

日刊スポーツに掲載されたとある記事にわたし感銘を受けました。

記事の内容をざっと要約すると、オリンピックという4年に一度の大舞台に挑み結果を出すことが出来なかった敗者へのインタビューの難しさ、意味について触れています。

メダルを獲得して喜びを爆発させる選手たちの笑顔の素晴らしさがあります。それとは反対に期待に応えられずに失意の底に突き落とされてしまった敗者の弁も同様に価値があるという事です。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。